沙織さんのバースデーライブに行ってきた の巻

梅雨が中々明けない空ながら、雨降らず、蒸し蒸し…

不快な陽気の続く今日この頃ですが、

 

そんな中、7月21日(日)

岩間沙織 Birthday Live2019 ー鉄女降臨ー 

                                                            at Rock Joint GB

に、参戦してきました。

f:id:miyuki_medaka:20190721213516j:plain

最初に。

沙織さん。

…歌い出しで分かりますもんね。鳥肌が立ちました。

麻里ちゃんをやってくれて、本当に、本当にありがとう。

暑い日差し、コパトーンカストロールの甘い香り…

Return to Myself~しない、しない、ナツ。」は、

かけがえのない、私の青春の1ページ。

 

ちなみにラジオで沙織さんに読んで頂いた「文化祭のB'z」の話。優勝決まった後、もう一曲と言われて歌った曲、「Return to Myself」でした。

高校時代は男のくせにハイトーンが良く出まして(笑)あー懐かしい。

 

…、これはもう本当にまぐれでも構わないです、でも、本当に嬉しかったです。

 

 

その後美里「太陽は知っている」が来て…

(ねぇ…この歌の歌詞さぁ…泣)

 

沙織さんの思い出の曲をKiyomiさんとエンジョイして…

コンQさんの、アイ高野さんのエピソード…最高でしたねww

高橋さんはずぅ~っと、ニコニコしてるし、

今日のMr.ロンリーは、聴かせましたね…また鳥肌。本当この曲は不思議な曲で、聞くたびに無重力空間に飛ばされます。

バンドの皆さんの本領、70年代メドレーも楽しかったなぁ。

 

アンコールの衣装…くっそかわいい

…ん…

……

ひょっとして5月…し…さいぜ…

 

げふん!

そしてラストの「一人シンデレラ」最前列なのに猛烈にコールしてしまって…

高橋さんがこっち見てずっとニコニコ笑ってましたw

沙織さん…うるさかったですかね…?(/ω\)

 

だって…

あんなに大きい沙織さんの炎見せ付けられて、黙ってろって方が無理ですw

 

 

 沙織さんのブログ、早く直らないかな…

いつもlive後の本人解説楽しみにしてるのです。

アメブロに引っ越す?

はてなブログ、使いやすいですよ✨

 

 

 

 

ーーーーーーー

 

 

 

 勝手に命名

スペシャルバンド

岩間沙織グループ「SIG」について】

 

通称「シグ」、なんて呼んでしまいたい程、素晴らしいチームワークでした。

 

セイント年忘れのバンドメンバーから一部変更、SaxとCho.が合流した音楽隊の皆さん…圧巻のプレーでした。

 

【Gt. 高橋栄一さん】

カラッとした音色にいつも聞き惚れます。そして、本当に優しくギターを扱う方で、手元を見ているのがすごく楽しい。いつもニコニコしてらして、もはやセイント系ライブを楽しむための「香り」ですね(笑)年上の同性にこんな言い方あれですが、

なんかチャーミング(*^_^*)

どうかこれからもセイントさん、沙織さんに力をお貸しください。

…いかついけど甘~い声のIKURAちゃん率いる「MOONDOGS」のメンバーだったと聞き、声を上げてしまいました。って事は、リーゼント時代があるんですか?( ゚Д゚)

 

 

【Key. 石橋誠章さん】

セイント年忘れで、シンセの再現力にビックリしましたが…今回は浜田麻里でニヤつかせて頂きました。(この曲はシンセが重要)

シブ楽器隊だったんですね…すごい。今回も終始デコレーションに徹していらっしゃいましたが、次は!ソロを是非奏でて戴きたいなぁ~

 

 

【Ba. コンQ小山さん】

ボルサリーノがお似合いの「SIG」の重鎮(笑)…今回も指で、ピックで、全編通して熟練の技冴えわたる、素晴らしいプレーでした。ネックがゆらゆら揺れる時は絶好調の証なのでしょうか…グルーヴ感が増す気がします、なんて生意気言って。

お話、本当に面白いですよね。コーナーは絶対維持すべき!(笑)・・・ライブ観戦中に息を引き取れたらなんて幸せでしょうねwww

 

 

 

そして! 

新加入の皆さん、本当素晴らしかったです。

 

【Dr. 西川光洋さん】

この方が今回バンドのサウンドに凄まじいメリハリを産んだ張本人と思っています。

タムやシンバルをあまり並べないシンプルな構成。ソリッドな音を出す方で、同じくカラッとした音色のコンQさん、高橋さんの音と相性がとっても良く感じました。個人的にはバスの効かせ方が好きです。ここぞという時に大音量の「ズンッ」最高でした。音出す時にはかなり強い音を出す方なのでしょうね…かっこよかった…

秀樹さんの所で長かったとの事。秀樹さんのバンドって、相当ストイックなイメージあるので、何だか納得です。次回も沙織さんの力になって下さいませ…

 

 

【Sax 大島雅人さん】

一言。目立たず騒がずに、自分の音をさりげなく飾るような…職人の様な奏者でした。普段の活動は良く存じていませんが、Saxの良く入るセイントさんの楽曲の為に、今後も是非是非セイントさんに力をお貸し頂きたいなぁ、と感じました。

 

 

【Cho. Kiyomiさん】

今日のMVPは、彼女かもしれません。

(プロの方だったら生意気本当に申し訳ありません)自分の音を聞きながら自身を調整出来るCho.って本当に素晴らしい。最後の最後まで沙織さんの歌声に素晴らしいハーモニーを添え続けました。沙織さんとのデュエットでは、ダンスまで披露し、圧巻の立ち回り。また是非是非、沙織さんをデコって差し上げて下さい!

 

 

【そして沙織さん】

流石ランナー、配分が完璧。最後まで集中力を切らさず、ロックでは「仁王立ち」をcoolに決め、バラードでは観客に語り掛ける様に、全曲しっかり歌い上げました。ハイトーンの伸びはこれまで聞いた中で一番。どんなジャンルの曲も歌いこなせる万能さ、…聞き惚れました。

そして、ライブ全体のパッケージング。MCも含めて全体に一つの「組曲」の様な繋がりがあり、中ダレのない、本当に見ごたえのある公演でした。温もりのある仕掛けも多数準備され、来た人みんながハッピーになれたと思います(*^_^*)

あと…コンディションが結構戻りました?終始とっても豊かな表情をなさっていたのが印象的で、とても嬉しく拝見していました。下の、白のドレス衣装、すんごく可愛く、お似合いでした。俺にとってこの方は「乙女」なのです。

f:id:miyuki_medaka:20190721213429j:plain

斬新な解釈を用いてどんぐりころころを歌い上げる「SIG」の皆さん

 

ライブのハイライト

Kiyomi「♬お池にはまってさぁ大変!」

コンQ&高橋「ドジョウが出てきてこんにちは~♬」

の場面ですね。

…真ん中のどんぐり姫…、何だかドヤ顔ですね(笑)

 

                     いやいや…嘘です嘘です(/ω\)

 

 

う~ん。本当いいユニットです。この皆さん。 

 

 

 

ちなみに沙織さん、外音も完璧でしたよ。GBのPAさんもグッジョブでした!

 

 

 

 

ーーーーーーー

 

 

 

 

今回のライブ

第一部 【Black side】

第二部 【White side】

としますと…

この第一部の 【Black side】、セイントさんの浮上のカギが隠されているような気がしました。セイントさんが今後どういった指向を持つのか…分かりませんが、このライブの【Black side】を、セイントさんで…、セイントさんが駄目でも、沙織さんが膨らませて下さればどんだけかっこいいだろうか。

(後日、またこれについては書いてみます。)

 

 

 

ーーーーーーー

 

 

 

と言う訳で、本日のライブを一言で言うならば…それは、

タモリ俱楽部」

色んな要素が楽しめる、玉手箱って事ですw

 

このバンドでもう一度セイントさんも見たいけど…

「SIG」の完成度の高さに思わずうっとりするようなひと時でした。

 

今回行こうか迷って、行かなかったそこのあなたへ。

岩間沙織のソロライブは、

「絶対楽しめるから行くべき」に一票。

 

 

 

沙織さん、本当にお疲れさまでした。

ゆっくり休んで、次の山に備えましょう!

心より応援しています。

 

 

ー番外編につづくー

 

f:id:miyuki_medaka:20190518011956j:plain